野地研究室研究内容
  野地研究室研究内容TOP 研究概要 研究事例1 研究事例2 研究事例3 論文紹介 ギャラリー    
    メンバー紹介 お知らせ 講義資料 リンク集 ギャラリー 野地研究室紹介アクセス    
野地研究室研究概要
 

私達の研究室では、ナノバイオに関する研究を推進しています。ここで学べる実験技術は、一般的なバイオテクノロジー技術(遺伝子操作・生化学アッセイ・タンパク質化学)と、光学顕微鏡を用いた1分子観察・操作技術です。これらの技術を駆使して、動くタンパク質の研究を行っています。それらは、分子モーターと呼ばれるナノメートルサイズの生物分子機械です。将来、私たちが人工ナノマシンを創るとき、この生物機械から学べることはたくさんあるはずです。私たちは、直径10nmの世界最小の回転分子モーターであるF1モーターに注目し、その駆動原理解明を目指した研究を行っています。
 ≫≫≫ 研究事例1 へ

また、生体膜で機能する分子モーター(Fo, Vo)の研究も開始しました。これは、熱ゆらぎを積極的に利用できるモーターであるため、人工機械とは全く違った動き方をしているはずです。そこで、その動きを1分子単位で計測するための新しい実験システム開発に取り組んでいます。
 ≫≫≫ 研究事例2 へ

上記の研究と平行して、マイクロ・ナノ加工技術を得意とする研究室の協力を得て、生体分子を1分子単位で検出・操作するデバイスの開発を行っています。これらは、分子モーターの1分子計測のために開発していますが、もう少し応用的な研究も行っています。例えば、1分子のDNAを迅速に検出・計測するための1分子PCRリアクターの開発を行っています。また、将来の薬剤スクリーニングチップを目指した、膜タンパク質チップに関する共同研究も開始しました.。
 ≫≫≫ 研究事例3 へ

 

私たちの研究が紹介されました。
    未来館   Deep scinence   生命誌館
 
 
  野地研究室研究内容TOP 研究概要 研究事例1 研究事例2 研究事例3 論文紹介 ギャラリー    
    メンバー紹介 お知らせ 講義資料 リンク集 ギャラリー 野地研究室紹介アクセス    
 
 
 
© COPY RIGHT 2007 NOJI LABORATORY ALL RIGHTS RESERVED